ニューヨークメトロポリタン美術館(THE MET)で楽しむ方法|観光客向けおすすめポイントをご紹介!

【PR・アフィリエイト広告が含まれています】

こんにちはTsumaです。
小さいころ、NHKの”みんなのうた”で印象深い”メトロポリタンミュージアム”にあこがれていました。ニューヨークに住み、世界有数の美術館がこんなに身近になるとは思いませんでした。

メトロポリタン美術館(通称:MET)は、ニューヨークにある世界的に有名な美術館です。その巨大な敷地内には数多くの芸術作品が展示されており、美術ファンや観光客にとって必見の場所となっています。今回は、METを訪れる観光客に向けて、おすすめポイントをご紹介します。

目次

メトロポリタン美術館(MET)とは

メトロポリタン美術館は、広大な敷地内に数十のギャラリーを備え、古代エジプトから現代アートまで、さまざまな時代や地域の芸術作品を展示しています。

メトロポリタン美術館は、1870年に設立されました。その創設者である美術評論家のジョン・ジャーヴィスは、アメリカ国内における芸術と文化の重要性を認識し、世界的な美術館を建設するというビジョンを持っていました。こうした志を胸に、ジャーヴィスは寄付者や芸術愛好家からの支援を集め、美術館の建設に着手しました。その後、メトロポリタン美術館は拡張や改装を繰り返しながら、現在の規模にまで成長しました。

コレクションには、さまざまな時代や文化圏からの作品が含まれており、絵画、彫刻、陶磁器、装飾美術品などのさまざまなジャンルが展示されています。また、美術館内には有名な作品も多数あります。有名なところでは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」やクロード・モネの「睡蓮」などがあります。

アクセスと営業時間

メトロポリタン美術館 (The Metropolitan Museum of Art)はセントラルパークをバックに、5th Ave沿いに位置しています。

住所:1000 5th Ave, New York, NY 10028
Google Map

THE METまでのアクセス方法についてご紹介します。

地下鉄利用

最寄りの駅は「86丁目駅」です。グリーンのラインの④と⑤が停車する駅であり、美術館までは徒歩で約10分程度で、便利なアクセス方法です。

バス利用

バスを利用する際、美術館の前のストリートはダウンタウンへの一方通行なので、ミッドタウンから向かう場合は、”M1、M2、M3、M4”のバスに乗って「Madison Av/E 83St」で降車して徒歩3分ほどで着きます。

配車サービス利用

住所を入力するだけで、あらかじめ料金が分かるので安心です。ただし、交通渋滞が予想される場合など注意が必要な場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

営業時間

月曜日:午後10時まで(夏季金曜日は午後9時まで)
火曜日から日曜日:午前10時から午後5時30分まで(夏季金曜日は午後9時まで)

チケット購入方法|入館料

専用のサイトから時間指定のチケットを購入あるいは、直接美術館に行って窓口で購入になります。

2022年まではシティパスなどのディスカウントチケットが使えましたが、現在はそういった観光パスからMETは抜けてしまっています。日本から観光で来た場合は結構高めの料金を支払う必要があります。

もし、METに大人2人以上で年に2回以上行くのであればメンバーシップに登録するとお得に使えます。。

通常の入館料

大人:$30
シニア(65歳以上):$22
学生:$17(有効な学生IDが必要)
12歳以下の子供:無料

入場料無料でメトロポリタン美術館を楽しむ裏技

裏技として、ニューヨーク在住のお友達がいれば、Culture Passを使うと無料で楽しむことが出来ます。

実は、身内が遊びに来た時にはこちらを使ってお得にMETを楽しみました。ぜひニューヨークのお友達を増やしましょう笑

メトロポリタン美術館の見どころ

世界に名をとどろかせているのは、芸術作品の多さだけではなく、美しい建物と広大な庭園を併せ持っていることが大きな特徴です。

メトロポリタン美術館の建物と庭園

美術館の建物は、19世紀の美しいボザール様式で建てられており、その壮大さと優雅さが印象的です。内部には、美術館の歴史を感じさせる豪華な装飾や壁画があります。また、美術館の外に広がる庭園は、都会の喧騒を忘れさせてくれる静寂な空間なので、散策しながらリラックスすることができます。

5月から10月の夏季限定で美術館の屋上を解放しています。こちらも毎年展示が変わるので、冷房がきついなと思う時には屋上に逃げましょう。

主要なコレクションと展示室

世界中から集められた多くの主要なコレクションと展示室を有しています。ここでは、その一部をご紹介します。

絵画・彫刻

美術館には、ルネサンス期から現代までの素晴らしい絵画や彫刻が展示されています。巨匠たちの作品がそのまま目の前に広がり、芸術の魅力に触れることができます。

古代エジプト・ギリシャ・ローマ

古代エジプト、ギリシャ、ローマの美術品もメトロポリタン美術館で楽しむことができます。貴重な彫刻や装飾品、ミイラなど、古代文明の繁栄を感じることができるでしょう。

アジア美術

中国や日本、インドなど、アジアの美術品も豊富に展示されています。繊細な工芸品や華麗な絵画を鑑賞することで、異文化の美を堪能できます。

ヨーロッパの家具・装飾品

美術館では、ヨーロッパの家具や装飾品の展示も行われています。バロックやルネサンス期の豪華な家具、美しいテープストリーなど、ヨーロッパの歴史と美術の融合に触れられます。

アメリカの美術

アメリカの芸術家たちの作品や、アメリカの歴史に関連する展示などがあり、アメリカ文化への理解を深めることができます

特別展示と限定イベント

定期的に特別展示や限定イベントが開催されています。これらの展示やイベントは、時期によって異なりますが、常に多様で興味深い内容が提供されています。メトロポリタン美術館への訪問時には、特別展示やイベントの情報をチェックしてみてください。

メトロポリタン美術館の楽しみ方

回る場所は、1階と2階がメインになります。地図が無いと迷いそうになるので、入口で地図をゲットしましょう。日本語版の地図もあります。

THE MET 1st FL
THE MET 1st FL
THE MET 2nd FL

美術館を訪れる際、以下のポイントを活用することで、より充実した体験を得ることができます。

オーディオガイドの活用方法

オーディオガイドは展示物に関する詳細な解説を聞きながら鑑賞することができる便利なツールです。オーディオガイドを利用することで、作品の歴史や背景について深く理解することができます。また、美術館のアプリをスマートフォンにダウンロードすることで、オーディオガイドを自分のスマートフォンで利用することもできます。

ギャラリートークや講演会に参加する

定期的にギャラリートークや講演会が開催されています。すべて英語による解説ですが、これらのイベントに参加することで、専門のスタッフや学者から作品についての深い洞察を得ることができます。また、他の参加者とのディスカッションも通じて、新たな視点やアイデアを得ることができます。予めスケジュールを確認して、興味のあるイベントに参加してより深く楽しむことができます。

ミュージアムショップとレストラン

ミュージアムショップでは、美術品や書籍、ユニークな雑貨など、さまざまな商品を見つけることができます。日本へのお土産に最適なものが多いです。また、美術館内にはレストランやカフェもありますので、展示物を鑑賞しながら休憩や食事を楽しむことができます。

メトロポリタン美術館の歴史的フィルムロケ地

世界的に有名な映画やドラマの撮影場所として使用されてきました。その壮大な建築と美しい作品は、映画監督やプロデューサーにとって魅力的な背景となるため、数々の作品がここで撮影されました。

ドラマ『ゴシップガール』(2007年〜2012年)

私は見たことが無いのですが、このドラマを見てニューヨークに憧れを持ってきた方は多いのではないかなと思います。メトロポリタン美術館の階段が社交場として頻繁に登場し、美術館内のシーンは、高級感とスタイリッシュな雰囲気が満ち溢れています。

Sale
Gossip Girl: The Complete Series (DVD)
  • Blake Lively, Leighton Meester, Penn Badgley (Actors)
  • Mark Piznarski (Director)
  • Spanish, English (Subtitles)
  • English (Publication Language)
  • Audience Rating: NR (Not Rated)

映画『恋人たちの予感(When Harry Met Sally…)』(2016年)

メトロポリタン美術館の1階北側のエジプト美術のエリアにあるデンドゥール神殿で、サリー(メグ・ライアン)とハリー(ビリー・クリスタル)が、友人として会って会話をしていました。

Sale
When Harry Met Sally…
  • Full-Length Audio Commentary
  • Contains 7 Deleted Scenes
  • Original Theatrical Trailer
  • 7 Featurettes
  • Written by Nora Ephron/Directed by Rob Reiner
  • メトロポリタン美術館を訪れた際には、フィルムロケ地としての舞台裏を見学することができます。これは、映画やドラマのファンにとって見逃せないですね。
  • 舞台裏の見学では、実際に映画やドラマの撮影が行われた場所を訪れることができます。ガイド付きツアーでは、ロケ地の背後にある思い出深いエピソードや興味深いエピソードを聞くことができます。

メトロポリタン美術館の公式ショップでのお土産選び

美術館でのオンラインショップや館内のショップには多くの魅力的なお土産アイテムが揃っています。METの公式ショップで買えるお土産アイテムをクローズアップしてご紹介します。

メトロポリタン美術館ショップの種類

メインショップ

メインショップは美術館のエントランス近くに位置しており、様々なアーティストの作品やMETのロゴ入りグッズが豊富に揃っています。ここでは美術館のテーマに関連したアイテムも見つけることができます。

アートブックショップ

アートブックショップでは、美術館のコレクションや展覧会に関連する本やカタログ、美術に関する書籍が幅広く取り揃えられています。美術愛好家や学生にとっては、ここで見つけた一冊が貴重な情報源となるでしょう。

ジュエリーショップ

METのジュエリーショップでは、デザイナーが手掛けるユニークで洗練されたジュエリーアイテムが販売されています。洗練されたデザインと高品質な素材を組み合わせたジュエリーは、特別な贈り物としてもおすすめです。

おすすめのお土産アイテム10選

METで人気のお土産を紹介します。こちらの10選はいずれもオンラインストアで購入できます。

① METロゴ入りトートバッグ

定番のお土産のロゴが入ったトートバッグは、実用的でスタイリッシュです。大容量で丈夫な作りなので、お買い物や旅行に便利に活用できます。ミュージアムショップ限定で赤い色が売っています。

② アートポスター

名作絵画や展覧会ポスターのレプリカは、美術愛好家におすすめのアイテムです。自宅の壁を飾ることで、METの美を日常に取り入れることができます。オンラインではカスタムプリントが出来るので、好きな大きさで購入できるのは良いですよね。

③ メトロポリタン美術館マグカップ

マグカップは何個あっても良いですよね。シンプルに”THE MET”のロゴが記載されているものも素敵ですが、アートをモチーフにしたマグカップも素敵です。

④ ホリデーカード

ホリデーカードは日本へ持っていくお土産で幅を取らずオシャレなお土産として重宝しています。いろんな種類があるので、お世話になっている方へ渡すのも素敵ですよね。

⑤ コラボ商品(Harney & Sons Tea)

ニューヨークのお茶屋さんとして有名な”Harney & Sons”の紅茶とMETのコラボ商品です。もともと缶がかわいいのでお土産に持っていくことがあるのですが、METとのコラボもかなりオシャレです。

⑥ ファッション関係

ファッションアクセサリーやネクタイ、パーカーなども取り扱われています。アートとファッションを組み合わせて、オシャレを決めこみましょう!

⑦ パズル

ズルは、家族や友人と一緒に楽しむことのできるアイテムです。さらにMETの美術作品をモチーフにしたパズルなので、部屋に飾っても素敵ですよね。

⑧ マグネット

オシャレなマグネットは日本へのお土産にぴったりです。冷蔵庫に付けておくだけで一気にオシャレ上級者になれること間違いなしですね。

⑨ 子供用おもちゃ

意外と子供向けの教育玩具やおもちゃも豊富に揃っています。子供たちの創造力や知識を育む一環として、プレゼントとして渡しても喜ばれそうです。

⑩ アートセット

アーティストやクリエイティブな方におすすめなアイテムとして、いろんなキットがそろっています。特にMETの持ち運び用スケッチブックなどがおススメです。

これらのお土産アイテムをMETの公式ショップで手に入れることで、METでの貴重な体験を日常に繋げることができます。美術館を訪れた証として自宅に飾ったり、日本へのお土産にもなりますよ!

一度は行ってみよう

メトロポリタン美術館はニューヨークの中心に位置する素晴らしい美術館であり、芸術愛好家や文化に興味のある人々には絶対に訪れるべき場所です。その広大なコレクションや魅力的な展示品は、世界中から多くの観光客を魅了しています。

すべてをじっくり見るには、丸一日使っても足りないくらいなので、見たいものの優先順位を決めて効率的に回れるといいですね。

Sukoshi Mart

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

よくも悪くも能天気なTsuma、特に準備せずOttoに任せて、ニューヨークでの生活を始めました。
チャイナタウンに行くと声を掛けられる率が高くなってきたので、中国語を勉強中です。

目次